飲み忘れても焦らない

drug

クロミッドを毎日服用していると、つい飲み忘れてしまう日もあります。そんな時はその1回分は飛ばして、次の飲むべきタイミングで変わらず服用を続けて大丈夫です。1回くらいなら妊娠率に大きな影響もないので、あまり神経質にならないようにしましょう。

Read more

短期的に使用する

medicament

クロミッドは不妊治療に高い効果を発揮してくれますが、長期に渡って使用してしまうと子宮内膜を薄くし、かえって妊娠の確率を下げてしまうことになります。クロミッドを使用する際には短期的に妊娠を目指すことが大切です。

Read more

経済負担が少ない

sad

不妊治療が辛いと言われる原因は、激痛を伴う治療や検査だけでなく、自己否定感、そして経済的な圧迫が精神をすり減らしてしまうからです。クロミッドなら安く購入できるので、まずはクロミッドから試してみましょう。

Read more

もしかたら不妊症かも?

 drink

結婚してしばらく経ち、そろそろ子どもが欲しいな、と避妊をやめたにも関わらずなぜか子供ができない。
それってもしかしたら不妊症かもしれません。
一般的には半年で約7割、1年なら約9割、2年も経過すればほとんどの人が妊娠すると言われています。
避妊をやめて半年が経過すると、そろそろ妊娠しても良いのでは…と不安になってきますよね。
でもどこからが不妊症になるんだろう?と不妊治療を始めるべきか悩んでいる女性もいると思います。
基本的には避妊をせずに性交しているにもかかわらず1年以上経っても妊娠していなければ不妊症と定義されるようです。
半年以上経過しているけど、1年はまだ経っていない、そんな微妙な時期だと病院に行くべきか悩みますよね。

そんな人におすすめなのが「クロミッド」という薬です。
妊娠には卵胞が重要なのですが、卵胞が十分に育たず、妊娠できないという人が多いんです。
クロミッドは排卵誘発剤で、主成分であるクロミフェンが卵胞の成長を促進させてくれます。
なんとクロミッドを服用することで約10~20%は妊娠率が上がるんだそうです。
普通、排卵時期に排卵する量は1個だと言われていますが、クロミッドはなんと4~5個も排卵するんです。
また、排卵周期が整うことで卵胞が育つ期間を十分にとれるようになるため、良質な卵胞が育つんですね。
不妊治療は、まずは妊娠しやすい日を狙って性交を行うタイミング法を試し、
排卵誘発剤を導入し、それでもダメなら人工授精、体外受精、顕微授精という風にステップアップしていきます。
病院に行くと、医師からも「とりあえずクロミッドを処方しておきますね」なんて言われるくらい、
副作用などの少ない安心な薬なんです。